スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
赤外線カメラ付きベビーモニター どこでも見守る君
1階の部屋で夫婦で映画を見ていたら、3階で寝ていたはずの娘(1歳)の泣き声がかすかに聞こえたので飛んでいってみると、なぜか2階で泣き叫んでいました。まだ今まで一人で階段を降りたことがないのに・・・。

孤独の恐怖と戦いながら一人で降りてきてしまったようです。どこにもぶつけたような形跡がなかったので、泣きながらも慎重に降りてきたのだなぁと感心しながらも、もし階段から落ちていたら、またそれを気がつかずに放っておいたらと反省させられました。

さっそくベビーモニターを検索してみましたが、音楽や映画を楽しんでいることが多い我が家では音声だけのモニターではちょっと不便です。センサー付きのベビーモニターもありますが、寝返りでも反応することがありますし、またセンサーが反応するたびに何が反応したのか確認に行くのも面倒です。

 やはりいつでもモニターで確認できるものが安心ですが、カメラ付きは結構値が張ります。そんな中で比較的安価で手に入りやすかったのが、どこでも見守る君(屋内用)です。

赤外線カメラ付き ベビーモニター どこでも見守る君

設置はカメラ/モニターともにACアダプターをつなぐ(ないしは単三電池4本をセットする)だけですぐに通信できる状態になり簡単です。画質もモニターとしては問題なく、暗闇でも赤外線LEDで比較的鮮明に見えます。

受信エリアは最大100mということですが、木造住宅の1階と3階の間でもなんとか受信することができるという感じでした。

ひとつ気になったのは、赤外線LEDは人の目に安全なの?ということです。
赤外線の最大照射距離は1.5mということなのでそれ程強い光ではないと思うのですが、赤外線では瞳孔が閉じないため、暗闇の瞳孔が開いた状態で近くから赤外線LEDの部分を見るのは問題がありそうです。
うちではあくまで娘が寝ている時だけナイトモードを使用しています。

またこれはほとんどのベビーモニターに共通することですが、送信機(カメラ)のスイッチが入っている限りは盗聴される対象になってしまいますので、使用時以外は送信機をこまめに切るように心がけねばなりません。

スポンサーサイト


【2007/02/07 23:43】 | 乳児用品 | page top↑
チャイルドシートを選ぶ レカロスタートゼロプラス
子供の誕生の際に当然考えなければならないのがチャイルドシート
出産予定日も近づいた頃購入を考え探してみました。

どうも評判がいいのはコンビのゼウスターン(回転式)この回転式が乗り降りの際便利とのこと

combi

もう一つ気になるのは「イス型は酸素飽和度が低下する可能性がある」とうたっているA社のベッド型チャイルドシート。
低酸素脳症で脳に障害が出ることは分かるけど、同社のホームページの記事を読んでも、
ベッド型と比べてイス型の姿勢でどの位酸素飽和度が低下するのか?またどの程度の低酸素がどの程度の悪影響を及ぼすのか?ということに関しては見つかりません。


毎日新聞の報道では「チャイルドシートの種別による(赤ちゃんの) 呼吸・循環器系への問題は見られない」とするデータもあるとのこと。
コンビのホームページでもイス型の酸素飽和度が98±1.8、ベッド型が98±1.7と変わらないというデータを載せています。

それよりも知人がこのベッド型を購入したものの、子供がしっかりとイスに子供の固定が悪く、イス型を買い直したとの話を聞き、私の選択肢からははずれました。

イスというとどうしてもヨーロッパ製の方が安全基準がしっかりしている印象があります。
そういう意味ではドイツのRECAROははずせません。
それになんといっても他のチャイルドシートよりも格段にカッコイイです。

結局はイメージとルックス先行で「 レカロスタートゼロプラス RECARO Start0+ 」に決定してしまいました。

recaro

購入後の使用感もほとんど不満はありません。
アルファロメオの狭い室内では、イスへのアプローチはほとんど真横からなので、
とくに回転式ならよかったのにと思うことはほとんどありません。

recaro start0+





【2007/01/28 17:51】 | 乳児用品 | page top↑
こだわりの乳児用知育玩具
0歳から3歳という時期は、脳の発達過程においてもっとも重要な時期で、
3歳までにどれだけ良質の刺激を受けたかで、その子の脳の発達度が決まってしまうという意見もあります。
私も良質な刺激という観点から、娘のオモチャ選びはかなり慎重にしています。

それでも初めのうちはあまり対象年齢を気にせず購入してしまい、娘の成長を待って押入れの中に積んであるおもちゃも多々あります。
収納にうるさいママの怒りを買い、この頃からさらに慎重に吟味して購入するようになりました。

そんな中で、自分なりの知育玩具へのこだわりを何点か紹介したいと思います。

まず自然の素材を使っていること。
この視覚や空間認識力が未発達な乳児時期に、
触れるものの感触、舌触りが多大な影響を与えることは想像に難くありません。

なるべくプラスチックは避けて、木製や布製の素材に触れさせてあげたいと考えます。

次に聴覚。音は胎児の頃から認識できるほど五感の中でまず最初に発達するところです。
やはりピコピコいう電子音よりも鉄琴や弦などの優しい音を聞かせてあげたいです。
またできればきちんと調律されて音階の正しい楽器を与えてあげたいです。

数種類の楽器が同時にたのしめるというおもちゃでは、
よく調律があっていない木琴などが付属していることがあります。
正しい音感の発達を助けてあげるという意味では、私はむしろ悪影響になるのではないかと心配になります。

最後に色彩
できるだけセンスの良い色合いのものを使って欲しいと思います。
ここら辺は個人の感覚の違いがありますからなんとも言えない部分もありますが、
アメリカ製の毒々しい色使いはなじめず、欧州製を多く購入しています。
育児玩具に関しては質感や色合い、創造性などの点で欧州製と和製には差があるように感じます。


これらのこだわりをほとんど満たしている我が家のお勧め乳児玩具





ドイツ・SINAジーナ社の「ベビーキューブです。

ベビーキューブ

木製の4cm角の積み木です。
あの「愛子様」のお気に入りという触れ込みを見て
半信半疑で、しかも高いなぁと思って買ったのですが
使用しているうちに納得しました。

木製ですが大人が踏んでもなかなか壊れないしっかりした造りです。
色合いも良く、ブロック内に鈴や木片が入っていて色ごとに異なる音がします。
安全面も配慮され、着色料は体に無害なものを使用、すべての角は削られて丸くなっています。
はじめは一つ一つ手にとって耳元で振って音を確認しています。
(その姿もとてもかわいい(*´ー`*))
そのうち積み上げたブロックを壊したり、投げたりと
自分で新しい遊び方を工夫して長い間楽しんでいます。


その他下記のものもかなりお勧めです。

ルーピング・ファニー

ルーピング・ファニー

ルーピングも色々なところから出ていますが、この製品はオランダ製でとても配色や塗料の質感がよく、インテリアとしてもお勧めできるほどです。
購入してから2ヶ月間使用し続けていますが、
塗料がはげる様なこともなく品質が高い感じがします。
子供もこれで長時間遊ぶことはありませんが、いまだに飽きずに遊んでいます。
指先の運動を学ぶにはもってこいだと思います。


二段メタルフォン

二段メタルフォン

打楽器メーカーとして有名なドイツ・ゾノア社の製品で、
きちんと調律されて正確な音階がでるので子供にも安心して遊ばせられます。
色合いからは木琴のような感じがしますが、メタルフォン(鉄琴)です。

この2段メタルフォンはピアノの鍵盤と同じように♯♭が配置されていてどの音がどの位置か分かりやすくなっています。
生の楽器の音色は心地よく、子供も電子音の玩具よりは反応が良いように思います。

ただ乳児は打棒をしゃぶるので、お箸のように喉の奥をついてしまいそうで危険を感じます。
家ではプラスチック製のスプーンなどを打棒代わりに使っています。
あと鉄琴の音板を台からはずして遊んでしまうのも難点です。


RhinoToys O・ball ビッグオーボール

ビッグオーボール

アメリカ製ですが、派手な色もあまり気になりません。
物をうまくつかむことができない乳児でも編み目に小さな指を引っかけて簡単に持つことができます。
材質もポリウレタンで、適度の弾力性があり安心して遊ばせられます。
大きさも「大6インチ(15cm)」がやや大きいですが、遊びやすいです。
10cmのものだと、すぐ家具の下に入り込んでしまって我が家では不評でした。



もちろん親が一緒に遊んであげれば、ゴミのペットボトルさえもとてもいい玩具に変身します。
ただ良質のおもちゃを与えておけば良いということではなく、
パパ・ママが一緒に遊びに参加しなければ意味がなくなってしまうかも知れません。



【2007/01/28 13:02】 | 乳児用品 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。